2011年7月9日土曜日

haskellで作られたバージョン管理システム「darcs」をインストールしてみた。

Haskell Wikiを見てたら、haskellで書かれてるらしい、darcsというバージョン管理システムをオススメされた。

http://www.haskell.org/haskellwiki/How_to_write_a_Haskell_program#Revision_control 
Use git or darcs unless you have a specific reason not to. Both are lightweight distributed revision control systems (and darcs is written in Haskell).


ということでインストールしてみた。


ghcをインストール

ちょっと前にhaskell触ってたけど、最近VPS乗り換えたのでもう一度インストール。
centosなんだけど、fedoraのreposを使う。
ちょっと前の記事だけど
http://d.hatena.ne.jp/shunsuk/20100726
を参考に/etc/yum.repos.d/fedora.repoを作成。


yum install ghc --enablerepo=fc6extras
ghc 6.4.2インストール終了。7はまた今度いれよう。

次は darcs。
yum install darcs --enablerepo=fc6extras 
darcsインストール終了。


あとで公式のチュートリアル見ながらいじってみるわあああああ