2014年12月13日土曜日

[Parse]BaaSで流行りのParseがクラッシュログの送信にも対応

Cocos2d-swiftのブログで紹介されて以来、密かに目をつけてたParseですが、
データの保存、ユーザ認証、アクセス解析、SNS連携、In-App課金のレシートチェックに等など対応してたのが、
クラッシュログの送信にも対応したようです。



元記事はこちら(英語)
Introducing Parse Crash Reporting | Parse Blog : http://blog.parse.com/2014/12/09/introducing-parse-crash-reporting-2/

Parse : https://parse.com/


詳細は以下からー

2014年12月3日水曜日

[apportable]CocosPodsを使うとビルドエラー。まだ対応してないらしい。

Cocos2d 3.3+SpriteBuilder Android Plugin 使いながらCocoaPodsでなにかインストールしてみたら、ビルド通らなくなった。

SpriteBuilderで新しいプロジェクト作って、ObjectiveSugarだけインストールしてもエラー出たから、
ApportableがCocoaPodsに対応してなかったりするのかなー、とか思ってぐぐってみたら、その通りっぽい。


ios - Does apportable (apportable.com) support CocoaPods - Stack Overflow : http://stackoverflow.com/questions/21180743/does-apportable-apportable-com-support-cocoapods

2014/1/17の質問。どうも複数Podに対応してない、とか。俺は1個でもエラーが出たんだけどな!
CocoaPodsは、Xcodeのサブプロジェクトを使用するんだが、どうもapportableがそれに対応してないらしい。


Is cocoapod supported? - Apportable Forum : http://forum.apportable.com/t/is-cocoapod-supported/1020

2014/8/12時点で、「CocoaPodsに対応してませんすみません」と公式が解答してるので、まだ対応してないのかな…


ちなみにエラーはこんなん。↑のリンク先らとは違う。

 Android-ObjectiveSugar-prefix.pch:2:9: 'UIKit/UIKit.h' file not found


この「UIKit/UIKit.hが存在しません」はよくあるらしいんだけど、 これ ためしたら、Podでインストールしたライブラリがエラー吐き始めた。


しばらくは、おとなしくCocoaPods使わずに行くしか無いかなー…うぅ…


2014年11月29日土曜日

cocos2dの歴史をまとめてみた。cocos2d-x と cocos2d-iphoneと cocos2d-swift と cocos2d-html5 と cocos3d の違い

iPhoneだったりSwiftだったりxだったりで種類多すぎてわからねぇ!

って思うほど、cocos2dの派生は多いです。
更にオープンソースなので、本家が作ったbranchだったり、全然違う団体が作ったbranchだったりもするので、更に混乱します。

一番重要なのは、Cocos2d-iPhoneとCocos2d-xは違うよ!!!ってことです。
左から、cocos2d-x、cocos2d-swift(旧cocos2d-iphone)、cocos2d-swiftの公式エディタSpriteBuilder

ってなわけでまとめてみたので、混乱してた人も、知ってた人もcocos2dの歴史の復習のつもりで読んでみてください。

2014年8月31日日曜日

超簡単!iPhoneのAppから、画像・音声データを抜き出す方法

どうも@miyahira_goです。

「あのAppがどういうふうにデータを保存してるかが見たいっ!」
って思うタイミングが、誰にでもあると思います。

Unity製じゃないAppは、もっと簡単にできるので、別記事にしてみようと思いまして。


で、ざっくり概要を言うと、「ipaをzipにしてunzipすれば終了」なんだけど、スクショ付きで説明していきます。

あ、もちろん使用は自己責任で!!!



ってな感じで以下からー

2014年8月23日土曜日

[cocos2d-iphone]ついにXcodeから直接android用にビルド・デバッグできるようになるッ…!SpriteBuilder Pro の private beta開始

どうも@miyahira_goです。

最近、Objective-CでもAndroidのアプリがつくれるApportableが話題になってますが、
Apportableが出資している(?)SpriteBuilderもなかなかepicな進化を遂げてます。
なんてったって、Xcodeから直接android用にビルドできたり、gdbでデバッグできたりするんです





で、まだprivate beta test中ですが、SpriteBuilderのウェブサイトから参加待ちできるので、Objective-Cでandroidアプリ作りたい人は是非参加。


epicな機能が多すぎて、ドキュメントを読むだけでワクワクが止まらん…(まだ触ってないw)
とりあえずアツイ機能を簡単にまとめてみました。

2014年6月11日水曜日

ObjectiveSugarがクール過ぎて、もう二度と普通にObjective-Cが書けない


>もう二度と普通にObjective-Cが書けない
そういや最近はswiftってやつがあるらしいね!!!!

…どうも@miyahira_goです。

Objective-C使い始めてはや5年くらいになるんだけど、
あまり気にいらないことに、毎度毎度文字数が多くなってしまうって特徴がある。
XCodeの補完があるし、NSArrayとかNSDictionaryのsyntaxが追加された時にかなり良くなったものの、
やっぱnodejsとかruby(ほとんど触らないけど)とか他のLL触るときに
「あー、Objectice−Cでもこうかければなー」と思うわけでありますよ。

そこで今回ご紹介するのが、この「ObjectiveSugar」!
Rubyスタイルで拡張されたNSNumberやNSArrayで、ループを書くのも超楽々。

続きは以下から。

2014年3月9日日曜日

iOS Appに必要なアイコン15種を1秒で作ってくれるウェブサービスを作った。こうやって作った。

名づけてIconresizer!そのまんまですね!!



何サイズの画像でもいいんで(1024x1024推奨)、ドラッグ&ドロップをするだけで、
iOS Human Interface Guidelines: Icon and Image Sizes
等にある、iOS App開発時に必要なサイズのアイコンを全て(多分)、一瞬で変換してくれます。

技術的には、nodejs + jade + less + coffeescriptで、ナウい感じに仕上がっております。
で、先に一番頑張ったところをいうと、JavaScript(クライアントサイド)で画像のリサイズをしてるってところ…!

詳しくは以下。

2014年2月15日土曜日

[unity3d]DisUnityの使い方 UnityのAppの画像・音声データを抜き出す方法


# ちなみに、UnityじゃないAppはもっと簡単なので、別記事で手順まとめてみた。
超簡単!iPhoneのAppから、画像・音声データを抜き出す方法 | miyahiraブログ : http://blog.miyahira.me/2014/08/iphone-app-extract.html


「あのAppがどういうふうにデータを保存してるかが見たいっ!」
って思うタイミングが、誰にでもあると思います。
UIKitやcocos2dとかで作られたAppなら、ipaをunzipすれだけ良いが、
Unityで作られたAppは、そう簡単に行かない。

どうしよう…と困ってるあなた!
この問題を解決するのが今日紹介する、DisUnityです!

ata4/disunity : https://github.com/ata4/disunity

…ってなわけで、DisUnityを使って、iOSのAppのAsset(png, mp3等)を抽出するまでの手順を説明しやす。
動作確認はMacOSXでしかやってないけど、Windowsでもきっと動く。




あ、もちろん自己責任でね。

2014年1月28日火曜日

[cocos2d-iphone]噂のApportableで、Objective-CでiOS用とAndroid用のAppをつくった

Cocos2d 3.0(+SpriteBuilder)で、Apportableを試してみよう


Cocos2d-iPhoneがのRCが発表されて、はや?数日。
何回聞いても信じられなかった、Objective-CでAndroidアプリが作れるらしい、Apportableとやらを実際に使ってみた。

想像してた以上に、すげぇ簡単…ってかぶっちゃけAndroid対応に値することは何もしてないのに、Android対応できるって黒魔術すぎる…
最近は、Xcodeから直接ビルドできるようになってるとかだし、さらに怖い。

SO-02Cと、iPhone5Sで動いてるの図


ってなわけで、以下の様な手順で、Android用に簡単にビルドできてしまった。

2014年1月22日水曜日

[cocos2d-iphone]ついにcocos2d 3.0のRCが公開!andoridアプリもObjective-Cで作れちゃう

ついに、Cocos2d-iPhone 3.0のRC1が発表されました!!!まってましたああああああああ!!!!!!


でまぁ、特徴としては、ちょっと前で記事書いたとおりだけど、
目玉の事柄を3つあげると、
  • SpriteBuilderの公式対応
  • Chipmunk2Dのガチ対応
  • ApportableによるAndroid対応(!?)
といった具合。ちなみに俺はまだ最後のAndroid対応が信じられてないけど、
一回ためしにcocos2d 2.1だっけな、で作ったゲームを試しに変換かけてみたら、
わりと動いちゃったので信じざるをえない感じ…ほんと謎の技術…

詳細は以下